FC2ブログ

東アジアnews+板@2chから気になるニュースをピックアップ

【韓国】 生きたヒラメを米国に空輸した「世界初の魚冬眠技術」10年前似た研究あった

【韓国】 生きたヒラメを米国に空輸した「世界初の魚冬眠技術」10年前似た研究あった[07/15]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1184504890/


1 名前: 蚯蚓φ ★ Mail: 投稿日: 2007/07/15(日) 22:08:10 ID: ???

ヒラメ(サンディエゴ=聨合ニュース)韓国海洋研究院が「魚の人口冬眠技術」と関わった所属研究員の研究成果を‘世界最初’と言って大々的に発表したが、すでに韓国国内でも似たような研究実積があることか確認されて批判がおきている。

海洋研究員は13日午前、配布した「韓国の水を去ったヒラメ20匹、目覚めて見たらロサンゼルス…世界最初の人工冬眠誘導技術で」という題名の報道資料で「研究員のキム・ワンス博士チームが世界で最初に魚類の生体リズムを利用して人為的に冬眠を誘導した後、水がない状態で長期間(最小24時間)運送して現状回復させる技術試験に成功した」と明らかにした。

また「キム博士チームが開発した人工冬眠誘導及び無水運搬技術が一番安全で優秀と評価されて、我が国がこの分野で世界最初と同時に最高の技術を保有することになった」と付け加えた。
しかし、魚類の人工冬眠は1997年にも韓国食品研究院と釜慶(プギョン)大共同研究チームが研究した事がある。

当時、研究に参加したある研究員は「ヒラメとイカを対象に温度を落として冬眠させる方法を開発して最長36時間まで生存させた」「日本でも似た研究が行われた」と言った。
別の専門家も「人工冬眠法は、ヒラメのように横になった特別な魚類だけで効果があって商業的活用度が下がるという判断で、後続研究をしなかった」と明らかにした。

これに対してキム博士は「世界最初という表現は生体リズムを利用したという部分にだけあたる」「研究チームの技術が一番安全だという評価を外部から受けた事がない」と述べた。
また博士は「国内で似た研究が行われたという話を聞いた事はある」と付け加えた。

(後略)

ソース:(韓国語)
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/222401.html

【▼以下2chでの反応を読む】
スポンサーサイト



テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース