FC2ブログ

東アジアnews+板@2chから気になるニュースをピックアップ

【韓国】がっかりGM大宇、小型車7月販売台数わずか148台 ~海外ユーザーはGM大宇が作った車と知らずに購入

【韓国】がっかりGM大宇、小型車7月販売台数わずか148台 ~海外ユーザーはGM大宇が作った車と知らずに購入 [08/03]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1186113816/


1 :ジュウザφ ★ [] :2007/08/03(金) 13:03:36 ID:???

285167318258366905.jpg176482775145227255.jpg
 GMグループの小型車開発本部に指定されたGM大宇だが、7月中に韓国で売れた小型車は
148台にとどまり、意気消沈している。
 2日、関連業界筋によると、GM大宇の7月小型車販売はカロスとジェントラを合わせ148台だった。
これは同社全車種における7月中の国内販売台数1万451台の1.4%に過ぎない。

 小型車販売不振は7月だけではない。
 今年1月から7月までで見ても、GM大宇が国内で販売した自動車7万9855台のうち、カロスと
ジェントラを合わせた小型車の割合は1417台、1.7%に過ぎない。
 昨日、今日に始まった話ではないということだ。

 7月の小型車国内市場では、起亜自動車の小型車プライドが1899台販売されたのをはじめ、起亜モーニングが1647台、現代自動車ヴェルナが669台、同じく現代クリックが468台だった。
どれもカロスとジェントラを合計した販売台数より多い。
 このため、GM大宇の7月の小型車シェアは3%にとどまっている。7月中、GM大宇全車種の国内シェアが約10%だったことを考えても、小型車市場におけるGM大宇の劣勢がはっきりと現れている。

 GMグループの小型車開発本部であるGM大宇としてはプライドが傷つけられるような結果だ。
GM大宇は2005年にGMの小型車開発本部に指定され、GMグループが世界市場で展開する小型車の開発に尽力している
 GM大宇の小型車販売は韓国国内では不振だが、幸いにも輸出は伸び続けているため、同社としては胸をなで下ろしている。

 GM大宇が今年、完成車の形で輸出した小型車は16万9012台で、全体輸出台数の34%に達する。
コンプリート・ノックダウン(CKD=材料を加工せずそのまま輸出入する方式=)方式でも頻繁に輸出されている。

 ただ、GM大宇の小型車は海外で「GM大宇」の名では売られていない。
 ヨーロッパでは「シボレー・カロス」「シボレー・ジェントラ」、米国では「シボレー・アヴェオ」、中国では「シボレー・ロヴァ」として売られている。海外のユーザーはGM大宇が作った車だとは知らずに購入しているのだ。

 業界のある専門家は「GM大宇の小型車は、おそらく輸出よりも国内販売の方が本当の実力と言えるだろう」と言う。
GM大宇の小型車モデルはそれほど新しいものではないため、最近の輸出の伸びは「シボレーというブランド名の借用」効果以外に説明できないとしている。

 また「GM大宇がGMの小型車開発本部に指定されたのは、韓国の自動車メーカーがそれだけ小型車部門で競争力があるという証拠。GM大宇が国内市場で実力向上に努めれば、GMの小型車開発本部として
自らの役割を果たせるだろう」と助言している。


edaily/朝鮮日報JNS

【▼以下2chでの反応を読む】
スポンサーサイト



テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:ニュース